2013年01月11日

1月ECB政策理事会:全会一致で政策金利を据え置き

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)は10日に政策理事会を開催、全会一致で政策金利の据え置きを決定した。
ドラギ総裁は、ECBのOMTの効果ばかりでなく、各国レベル、ユーロ圏レベルでの取り組みの結果、金融市場は大きく改善、域内市場の分断が緩やかに緩和、「ポジティブな伝播」が見られるとの判断を示した。しかしながら、市場の改善はまだ実体経済には波及しておらず、見通しのリスクは下方、景気の回復は2013年後半という従来の見方を維持した。
ECBは、これまでの金融政策の効果や各国の構造改革、ユーロ制度改革の進捗を見守るため、当面、政策金利を据え置き、様子見を継続すると思われる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【1月ECB政策理事会:全会一致で政策金利を据え置き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月ECB政策理事会:全会一致で政策金利を据え置きのレポート Topへ