2013年01月07日

年金改革ウォッチ:2013年1月~ポイント解説:社会保障制度改革国民会議とは

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

■見出し

1 ―― 先月までの動き
2 ―― ポイント解説:社会保障制度改革国民会議とは
 1│国民会議は官邸に、社保審は厚生労働省に設置
 2|国民会議のモデルは、以前の社会保障制度審議会
 3|今後は、「痛みの分かち合い」に注目

■introduction

昨年8月に社会保障と税の一体改革の関連法が成立し、年金改革への関心が薄らいでいる感もあります。しかし、社会保障制度改革国民会議は今年8月までに結論を出し、年金財政の将来見通しも来年2月までにまとめることがそれぞれ法定されているなど、今後も目が離せない状況です。そこで、「年金改革ウォッチ」と題して、国民会議や審議会等での議論の状況を定期的に発信して参ります。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ:2013年1月~ポイント解説:社会保障制度改革国民会議とは】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ:2013年1月~ポイント解説:社会保障制度改革国民会議とはのレポート Topへ