2013年01月07日

長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか

  新美 隆宏

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――長寿リスクと年金
3――年金制度と長寿リスク
4――潜在的な長寿リスクの影響
5――長寿化に備えるための対応と課題
6――おわりに

■introduction

年金は我々の老後を支える重要な制度であるが、今年はこの年金に関しての様々な動きが見られる。公的年金では、紆余曲折を経て社会保障・税一体改革関連法案が8月に成立した。企業年金では、昨年度後半からのAIJ問題により厚生年金基金が注目を集め、今後の対応についての検討が継続している。また5月には、「退職給付に関する会計基準」などが公表され、今後の企業経営は退職給付会計の改正による影響を受けるだろう。昨今の各種の制度の見直しは、少子高齢化への対応や年金財政の健全化・透明性の確保などを目的としたものとして評価できる。
一方で気になることもある。それは、長寿リスクをどの年金制度が、もしくは誰が負うのかという点である。本レポートでは、長寿リスクとは何か、各年金制度との関係、マクロ面の影響などを分析し、このリスクに対応する上での課題を考えたい。




※ 当レポートは、2012年11月19日付でニッセイ基礎研究所ホームページに掲載された、基礎研レポート『長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか』を加筆修正したものです。

新美 隆宏

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのかのレポート Topへ