2012年12月07日

12月ECB政策理事会:固定金利・金額無制限の資金供給を13年半ばまで延長、利下げは見送り

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)は6日に12月の政策理事会を開催、固定金利・金額無制限の資金供給を少なくとも2013年半ばまで継続することを決めた。一方、政策金利については、幅広く議論した上で、コンセンサスで据え置きを決めた。ドラギ総裁は、経済見通しの大幅な下方修正にも関わらず、追加利下げを見送った理由として「中期的な物価の判断を大きくは変更していない」ことなどを挙げた。
ECBの利下げの余地はそもそも乏しくなっている上に、南北間で成長と雇用、資産価格などの非対称性が強い状況では、利下げ効果が限られる半面で副作用が大きくなる可能性がある。
追加利下げは、想定以上に景気が下振れ、デフレのリスクが強まった場合の選択肢となろう。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【12月ECB政策理事会:固定金利・金額無制限の資金供給を13年半ばまで延長、利下げは見送り】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月ECB政策理事会:固定金利・金額無制限の資金供給を13年半ばまで延長、利下げは見送りのレポート Topへ