2012年12月03日

市況見通しは近年で最も楽観的、強まる二極化認識と中国回避姿勢

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

不動産投資市場全体の6ヵ月後の景況感見通しが、08年以降で最も楽観的となった他、回答者の8割が今後中長期的にみて不動産の選別や二極化が進むと予想しており、また、中国などアジアの不動産を魅力的とみる見方が大幅に減少した。

77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【市況見通しは近年で最も楽観的、強まる二極化認識と中国回避姿勢】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

市況見通しは近年で最も楽観的、強まる二極化認識と中国回避姿勢のレポート Topへ