2012年11月09日

10月マネー統計~銀行貸出増加の要因を探る

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:貸出の伸びが一服
・主要銀行貸出動向アンケート調査:企業の資金需要は2四半期ぶりに増加
・マネタリーベース:日銀当座預金は初の40兆円越え

■introduction

日銀が11月8日に発表した10月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行貸出(平残)の伸び率は前年比1.1%と、3ヵ月連続の1%超えとなったが前月の同1.2%からはやや縮小した。伸び率縮小は6ヵ月ぶりとなる。業態別では、都銀等が対前年▲0.4%(前月改定値も同じ)、地銀等が同2.6%(前月は同2.8%)と、地銀の伸びが引き続き顕著ではあるが、前月からはやや鈍化している(図表1~4)。
貸出の前年比プラスが続いているが、要因を可能な範囲で見てみると、「復興に伴う資金需要」は確かに顕在化している。定義は必ずしも一致しないが、「被災3県での貸出残高増加」とすると、9月末時点では前年比5,024億円の増加となっている(図表5)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月マネー統計~銀行貸出増加の要因を探る】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月マネー統計~銀行貸出増加の要因を探るのレポート Topへ