2012年11月01日

「投資家にとっての赤字企業」はPBR1倍割れが当然

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

日本の株式市場ではPBR(株価純資産倍率、時価総額/純資産)の1 倍割れが続き、企業の解散価値以下での株式購入が可能である。しかし、企業の解散は現実的ではない。企業の収益力が低く、調達資金のコストを下回っているため、投資家はPBR1倍割れを無視している。

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【「投資家にとっての赤字企業」はPBR1倍割れが当然】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「投資家にとっての赤字企業」はPBR1倍割れが当然のレポート Topへ