2012年10月09日

米9月失業率が7.8%に改善、雇用者増は11.4万人に留まる

  土肥原 晋

文字サイズ

米労働省発表の9月雇用統計は、非農業事業部門の雇用者増が前月比11.4万人と市場予想とほぼ同水準に留まるが、過去2ヵ月の上方修正分(計8.6万人)を考慮すると悪い数値ではない。一方、失業率は7.8%と改善、8%を割り込み2009年1月以来の低水準となった。
これにより、7-9月期の月平均の雇用者増は4-6月期から倍増したものの、今年1-9月までの月平均は14.6万人と依然2011年の同15.3万人を下回るなど、さらなる雇用回復の加速が求められる状況が続いている。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米9月失業率が7.8%に改善、雇用者増は11.4万人に留まる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米9月失業率が7.8%に改善、雇用者増は11.4万人に留まるのレポート Topへ