2012年09月18日

年金財政は本当に「黒字」?~「厚生年金・国民年金の平成23年度収支決算の概要」を読む~

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

■見出し

1 ―― 「歳入」に「積立金より受入」を含んだ状態での「黒字」
2 ―― 運用収入はプラスだが「水物」。一方で運用収入以外の赤字が継続。
3 ―― 積立金の取崩しは想定済。だが、長期的な影響などの説明も必要ではないか。

■introduction

通常国会が終了し、世間の関心は各党の代表者選出に向けられている。各候補者が年金制度にどのようなビジョンを持っているかは分からないが、仮に総選挙となれば、各党のマニフェストには当然年金政策も掲げられることになるだろう。有権者としては、他の政策分野だけでなく、社会保障に関しても足下の状況について理解しておく必要があろう。
去る8月11日の新聞には、消費税率の引上げを含む社会保障・税一体改革の関連法案の成立を伝える記事の脇に、「厚生年金、国民年金ともに黒字」「株価上昇を受け、積立金の運用が好調」と書かれた小さめの記事が掲載されていた。これまで年金関係のニュースといえば、「財政逼迫」や「給付削減」といった活字に見慣れていたため、少なからず違和感を持った。一時期ほど話題に上がらない年金問題だが、実情はどうなっているのだろうか。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金財政は本当に「黒字」?~「厚生年金・国民年金の平成23年度収支決算の概要」を読む~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金財政は本当に「黒字」?~「厚生年金・国民年金の平成23年度収支決算の概要」を読む~のレポート Topへ