2012年09月11日

8月マネー統計~存在感を高める地銀

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:存在感を高める地銀
・マネタリーベース:伸び率はやや減少
・マネーストック:投資信託の前年割れが続く

■introduction

日銀が発表した8月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行貸出(平残)の前年比伸び率は1.1%(前月改定値は同0.9%)と4ヵ月連続で伸び率が拡大した。伸び率は09年10月以来2年10ヵ月ぶりの高い水準となる。従来同様、復興関連、電力会社向け、M&A関連が寄与している模様。
業態別で見ると、地銀が前年比2.6%増(前月は同2.4%増)、都銀等が同▲0.4%(前月は同▲0.5%)。都銀も底打ちの兆しは出てきているが、増勢を強める地銀との格差は拡大している。銀行貸出残高に占める地銀のシェアは11年7月に50%を突破した後も上昇を続け、足元では50.9%になっている。
銀行貸出残高は、今のところ堅調を維持している。また消費増税が決まり、住宅などで駆け込み需要が出てくれば、短期的な貸出増加要因ともなる。一方で、世界経済の減速感や欧州危機緊迫化に伴う設備資金需要等の下振れリスクも全く払拭できず、楽観視出来ない状況が続く(図表1~5)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【8月マネー統計~存在感を高める地銀】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月マネー統計~存在感を高める地銀のレポート Topへ