2012年09月03日

インド4-6月期GDP:前年同期比+5.5%~やや改善も、力強さを欠く状況から脱却できず

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:低迷が続く
・政策不信からの脱却が鍵

■introduction

インド中央統計機構(CSO)は8月31日に2012年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率(供給側 )は前年同期比5.5%の増加となり、1-3月期の同+5.3%から改善したものの、勢いに欠ける結果だったといえる。
4-6月期の成長率を供給側から見ると、第一次産業と第二次産業が改善する一方で、第三次産業が悪化した(図表1)。第二次産業では建設業の改善が顕著で、4-6月期は前年同期比+10.9%を記録、1-3月期(同+4.8%)より大幅に加速した。しかし鉱業が前年同期比+0.1%と1-3月期(同+4.3%)から低下、シェアの大きい製造業も前年同期比+0.2%と1-3月期(同▲0.3%)に続きほぼゼロ成長だったために全体として見ると小幅改善にとどまった。第三次産業は、金融・保険・不動産・事業サービスや公共サービスは1-3月期なみの伸び率だったが、小売・ホテル・運輸通信が前年同期比+4.0%と1-3月期(同+7.0%)から減速したことで、全体として成長が鈍化した。
実質GDP成長率を支出側から見ると、多くの項目で成長が減速している(図表2) 。4-6月期の個人消費は前年同期比+4.0%と1-3月期(同+6.1%)より減速、1-3月期の投資も前年同期比+0.7%となり、1-3月期(同+3.6%)から減速している。また、純輸出に関しては、4-6月期の輸出が前年同期比+10.1%と1-3月期(同+18.1%)から減速する一方で、輸入が前年同期比+7.9%と1-3月期(同+2.0%)から加速したために、純輸出の寄与は▲0.2%ポイントとマイナスに転じた。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インド4-6月期GDP:前年同期比+5.5%~やや改善も、力強さを欠く状況から脱却できず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド4-6月期GDP:前年同期比+5.5%~やや改善も、力強さを欠く状況から脱却できずのレポート Topへ