2012年08月20日

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第1回=米国編=

取締役   前田 俊之

年金制度 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■見出し

1――米国の年金
2――公的年金
3――企業年金
4――やはり重要な役割を果たす公的年金
5――おわりに

■introduction

我が国の年金制度はどうあるべきか。このことについて皆さんの関心は高いと思います。少ない負担でより多くの保障を、と望むのは誰しも同じですが、それが容易でないこともまた事実です。こうした問題と世界の国々はどう向き合っているのでしょうか。今回から何回かにわたり世界の国々での年金制度の概要を見るとともに、各国の制度の抱える課題について整理してみたいと思います。その第一回目として米国の年金制度を取り上げます。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

37_ext_01_0.jpg

取締役

前田 俊之 (まえだ としゆき)

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第1回=米国編=】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第1回=米国編=のレポート Topへ