2012年08月09日

日銀決定会合(8/8-9日):現状維持、景気判断は微妙に下方修正、来月以降の追加緩和の布石?

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・現状維持、景気判断は微妙に下方修正、来月以降の追加緩和の布石?

■introduction

日銀は8-9日の決定会合で政策金利(無担保コール)の誘導目標を0-0.1%程度に据え置くことを全員一致で決定した。「資産買い入れ基金」の総額を70兆円で維持し、追加金融緩和を見送った。

今回2人の新メンバー(7月24日に就任:佐藤健裕、木内登英の両審議委員)が加わった。両氏ともにハト派とされるだけに、新たな提案がでるなどの憶測、期待もあったが、初回は現状維持賛成に回り、結果としては「無風」の会合だったようだ。

景気判断は「国内需要が堅調に推移するもとで緩やかに持ち直しつつある」、先行き判断は「国内需要が引き続き堅調に推移し、海外経済が減速した状態から脱していくにつれて、緩やかな回復経路に復していく」「消費者物価の前年比は、当面、ゼロ%近傍で推移するとみられる」と前月と同様の判断となっている。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀決定会合(8/8-9日):現状維持、景気判断は微妙に下方修正、来月以降の追加緩和の布石?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀決定会合(8/8-9日):現状維持、景気判断は微妙に下方修正、来月以降の追加緩和の布石?のレポート Topへ