2012年07月26日

韓国2012年4-6月期GDP:前期比+0.4%~成長は再び減速、低成長が長引く可能性も

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:再び減速へ
・今後:低成長が長引く可能性も

■introduction

韓国銀行(中央銀行)は7月26日、2012年4-6月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。前期比(季節調整済)では0.4%の増加となり、1-3月期の同+0.9%から成長が減速したことが明らかになった(図表1)。
GDP成長率を需要項目別に見ると、4-6月期は個人消費でプラス成長が続いたものの、その他の投資、輸出、輸入はすべて前期比マイナスとなった。特に設備投資が同▲6.4%と大幅縮小したため、投資全体で▲2.3%と大きなマイナス成長を記録している。設備投資は、1-3月期に前期比+10.3%と2桁増を見せていたため、その反動減というテクニカルな理由が考えられるものの、需要減速によって生産活動が低迷しているという要因も大きいと思われる。また、韓国経済の原動力と言える輸出も、4-6月期は前期比▲0.6%とやや縮小している。輸入の落ち込み(前期比▲1.7%)の方が輸出の落ち込みより大きかったため、純輸出のGDP成長率への寄与はプラスであったが、内外需ともに経済活動が低迷している結果だったと言って良いだろう。
供給項目別に見ると(図表2)、主要産業である製造業が前期比▲0.1%とマイナス成長に陥ったことが成長を減速させている。輸送機器の生産は伸びたものの、鉄鋼や電気・電子機器の生産が不振だったことが製造業全体の成長を押し下げている。
韓国経済は2012年1-3月期にいったん底打ちの兆しが見られていたが、長続きせず、今回発表された4-6月期のGDPでは予想以上に成長が減速する結果となった。成長率は前年同期比(原系列)で見ても2.4%の増加にとどまり、1-3月期(同+2.8%)から低下、トレンドとしては2010年以降、2年半にわたって減速が続いていることになる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【韓国2012年4-6月期GDP:前期比+0.4%~成長は再び減速、低成長が長引く可能性も】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国2012年4-6月期GDP:前期比+0.4%~成長は再び減速、低成長が長引く可能性ものレポート Topへ