2012年07月10日

6月マネー統計~投資信託が過去最大のマイナスに

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:9ヵ月連続の前年比プラス
・マネタリーベース:プラス幅を拡大、過去3番目の高水準
・マネーストック:投資信託が過去最大のマイナスに

■introduction

日銀が発表した6月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は0.8%と前月(同0.4%)から伸び率が拡大した。業態別で見ると、地銀が前年比2.3%増(前月は同2.1%増)、都銀等が同0.7%減(前月は1.3%減)と、依然として都銀はマイナス圏ながら今回マイナス幅がかなり縮小した。盛り上がりは欠くものの銀行貸出は緩やかな増加基調にあり、従来同様、「電力会社向け融資」、「M&A資金」、「復興関連需要」の3本柱が寄与しているとみられる(図表1~5)。
なお、7月2日に公表された日銀短観6月調査における企業の12年度設備投資計画は、前年比4.5%増と近年まれに見る明確なプラス、かつ3月調査からの上方修正幅も大きめとなった。これまで長らく抑制されてきた反動などが反映された可能性がある。あくまでも計画ベースではあるが、計画が実行に移されれば資金需要が喚起され貸出の本格回復要因ともなり得るだけに、動向が注目される(図表6)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【6月マネー統計~投資信託が過去最大のマイナスに】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

6月マネー統計~投資信託が過去最大のマイナスにのレポート Topへ