2012年06月07日

6月ECB政策理事会:コンセンサスで無制限の資金供給継続と政策金利据え置きを決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

6日に開催された6月の欧州中央銀行(ECB)政策理事会では、金額無制限・固定金利による短期資金供給を少なくとも2013年1月まで継続することを決めた。「数人の委員が本日の利下げを支持した」が、「幅広いコンセンサス」で政策金利を据え置いた。
追加利下げや3年物資金供給は、緩やかな回復という基本シナリオの想定を上回るレベルまで実体経済の下振れリスクが高まった場合の選択肢となろう。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【6月ECB政策理事会:コンセンサスで無制限の資金供給継続と政策金利据え置きを決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

6月ECB政策理事会:コンセンサスで無制限の資金供給継続と政策金利据え置きを決定のレポート Topへ