2012年06月04日

ブラジル2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.8%~鈍化が続くが、先行きは改善の兆しも見られる

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:1%を下回る低成長に
・経済政策の効果は次第に発揮される見通し

■introduction

ブラジルの地理統計院(IBGE)は6月1日、2012年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で0.8%の増加、前期比(季節調整済)では0.2%の増加であった。前年同期比で見ると2010年1-3月期から8四半期連続で成長が鈍化したことになる(図表1)。
実質GDPを需要項目別に見ると、特に1-3月期は投資活動が低迷している。昨年10-12月期(前年同期比+2.0%)の投資も低迷していたが、1-3月期の投資は前年同期比▲2.1%とマイナス成長に転じている。個人消費については、1-3月期は前年同期比+2.5%となり、昨年10-12月期(同+2.1%)よりやや改善しているものの、活発とは言えない。少なくとも、昨年前半まで見られていたような5%超えの成長と比較すると低水準にとどまっており、成長を牽引するほどの力強さは見られない。
供給項目別に見ると、第一次産業の生産の落ち込みが目立つ(図表2)。1-3月期の第一次産業は、天候不順の影響によって大豆や米、タバコなど農作物の収穫が落ち込み、前年同期比▲8.5%と大幅なマイナスを記録した。第二次産業や第三次産業も冴えない。第二次産業は前年同期比+0.1%と10-12月期(同▲0.4%)のマイナス成長からプラス成長に転じてはいるが、第二次産業のうち、製造業は前年同期比▲2.6%とマイナス成長が続いており、依然として低迷している。第三次産業も前年同期比+1.6%であり10-12月期(同+1.4%)に続き低水準となっている。天候不順という一時的な減少となった第一次産業を除いて考えると、第二次産業、第三次産業ともに10-12月期からの改善は乏しく、景気減速が幅広い産業に波及していると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【ブラジル2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.8%~鈍化が続くが、先行きは改善の兆しも見られる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ブラジル2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.8%~鈍化が続くが、先行きは改善の兆しも見られるのレポート Topへ