2012年05月22日

タイ2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.3%~洪水から急回復も、高成長への課題は残る

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・洪水の被害は大きかったが、短期間で回復
・2012年5%超への課題

■introduction

タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は5月21日に2012年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で+0.3%となり、洪水被害によって生産活動が鈍化した昨年10-12月期の同▲8.9%からプラスに転じた。前期比年率(季節調整値)で見ると、昨年10-12月期は▲10.8%の急減少、今年1-3月期は+11.0%の大幅改善となった。洪水被害は深刻だったが、回復も急速に進んだ様子が分かる。
成長の内訳を需要項目別に見ると(図表1)、純輸出は昨年10-12月期に引き続き低迷したが、内需が成長を牽引した。純輸出の低迷は、1-3月期の輸出が前年同期比▲3.2%と減少する一方で輸入が同+4.5%と増加したことによる。輸出は昨年10-12月期(同▲6.4%)からは改善しているものの、先進国向けの輸出が停滞していることから伸び悩んでいる。一方で輸入については国内で洪水被害からの復旧にともなう需要拡大が伸び率を押し上げた。
内需に関しては、1-3月期の個人消費が前年同期比+2.7%、投資が同+5.2%となり、ともにマイナス成長からプラス成長に転じている。投資のうち、今期は洪水によって損傷した機械や設備の取り替えの需要が見られたため、特に民間投資が前年同期比+9.2%と高い伸び記録し、成長の原動力となった。
供給項目別(図表2)に見ると、昨年10-12月期の減速からは総じて回復傾向にあるものの、その改善幅にはバラツキがあることが見て取れる。小売業やホテル・レストラン業などサービス業の多くは洪水前の水準まで回復しているが、主要産業の製造業(GDPシェアで39%)は洪水前の水準まで回復しておらず、成長を抑制している要因となっている。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【タイ2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.3%~洪水から急回復も、高成長への課題は残る】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

タイ2012年1-3月期GDP:前年同期比+0.3%~洪水から急回復も、高成長への課題は残るのレポート Topへ