2012年03月26日

PBR1倍割れ時代の株式投資を考える~リスク・プレミアムをどう考えるのか~

  遅澤 秀一

文字サイズ

■見出し

1--------低迷する日本株式市場
2--------PBR1倍割れの意味
3--------インプライド・リスク・プレミアムの推移とその含意

■introduction

日本株式市場の低迷が続いている。もちろん、90年代から株価指数は大きなボックス圏内の動きで、低迷は今に始まったことではないと思われるかもしれない。だが、リーマン・ショック後の顕著な特徴はPBR1倍割れ銘柄が急増したことにある(図表-1参照)。
たしかに90年代後半から2003年にかけて、PBR1倍割れ銘柄数が高止まりした時期もあったが、それでも全体の6割程度であった。ところが、リーマン・ショック後は一時8割近くまで増加し、その後低下したものの、2011年末では約7割の銘柄でPBRが1倍を割り込んでいる。




39772_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【PBR1倍割れ時代の株式投資を考える~リスク・プレミアムをどう考えるのか~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

PBR1倍割れ時代の株式投資を考える~リスク・プレミアムをどう考えるのか~のレポート Topへ