2012年03月22日

少子・高齢化の進展が都道府県の経済成長に与える影響

  桑畠 滋

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――少子・高齢化の進展が経済成長に与える影響
3――都道府県別成長率の将来予測の結果
4――まとめ

■introduction

近年の地方経済は、少子・高齢化を背景とした生産年齢人口の急激な減少、経済の情報化やグローバル化に伴う人・物・金の東京一極集中が着実に進展していることなどを受けて低迷を続けている。将来についても地方経済は、少子・高齢化の進展を背景として一層低迷していくことが危惧される。本稿では、少子・高齢化の進展が各地域、及び都道府県の経済成長に与える影響について検討した後、生産関数アプローチを用い、2030年度までの各地域、及び各都道府県の総生産を推計し、今後の地域経済の姿について考察したい。

桑畠 滋

研究・専門分野

(2012年03月22日「ジェロントロジージャーナル」)

レポート

アクセスランキング

【少子・高齢化の進展が都道府県の経済成長に与える影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

少子・高齢化の進展が都道府県の経済成長に与える影響のレポート Topへ