2012年03月01日

過去平均法で予測する期待リターンとリスクって妥当なの?

  大山 篤之

文字サイズ

本稿では、統計学及びデータ制約の観点から、過去平均法を使って、信頼に足る精度の期待リターン(期待収益率)を推計することは不可能であること、一方リスク(標準偏差)はその限りではないことを解説する。

大山 篤之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【過去平均法で予測する期待リターンとリスクって妥当なの?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

過去平均法で予測する期待リターンとリスクって妥当なの?のレポート Topへ