2012年02月29日

米10-12月期住宅価格が下落、ピーク後の最低値を更新

  土肥原 晋

文字サイズ

ケース・シラー、FHFAの住宅価格指数(四半期別、月別)が発表された。10-12月期ケース・シラー全米指数は2四半期連続で前期比マイナス、月例の20都市指数でも8ヵ月連続の下落となり、いずれもピーク後の最低値を更新した。一方、10-12月期FHFA指数でも再びマイナスに転じた。前年比では各指数ともマイナスが続いている。7-9月期までの住宅需要期の反発力が弱く、差し押さえ物件増が続いているため、住宅価格は再下落の動きを見せている。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米10-12月期住宅価格が下落、ピーク後の最低値を更新】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米10-12月期住宅価格が下落、ピーク後の最低値を更新のレポート Topへ