2012年02月21日

マレーシア10-12月期GDP:前年同期比+5.2%~底堅いが、「本格的」な内需活性化には至らず

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:底堅い成長を維持
・経済成長の下振れ要因は依然として存在

■introduction

マレーシア統計庁(DOSM)は2月15日に2011年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で5.2%の増加となり、7-9月期の前年同期比+5.8%から伸びがやや鈍化した。その結果、2011年通年の成長率は5.1%の増加となり、2010年の高成長(7.2%)から減速した。
成長率の内訳を需要項目別に見ると(図表1)、純輸出は鈍化したものの、内需が堅調であったため全体の成長率は底堅く推移したことが分かる。内需の中ではとりわけ政府消費が成長を後押ししており、10-12月期の政府消費は前年同期比で+23.6%を記録し、成長への寄与では4.1%ポイントを占めた。7-9月期の政府消費も高い伸びだったが(前年同期比+21.7%)、今期は前期を上回る伸びとなった。投資については前年同期比+8.5%で7-9月期(同+6.1%)からやや加速、個人消費は前年同期比+7.1%で、7-9月期並みの伸び(同+7.3%)が継続している。
一方、10-12月期の純輸出は成長への寄与で見ると▲1.8%ポイントとなった。10-12月期の輸出は前年同期比+4.9%であり7-9月期(同+4.2%)から加速したものの、輸入の伸びが輸出の伸びよりも大きかったため 、純輸出の成長への寄与はマイナスとなった。ただし、純輸出が鈍化した主因が輸入の拡大だったことは、マレーシアの内需の強さを表していると評価できる。
また、供給側(図表2)を見ると、主要産業のサービス業(GDPシェア59%)と製造業(GDPシェア27%)がいずれも7-9月期に引き続いて好調であり、成長を支えていることが分かる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

(2012年02月21日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【マレーシア10-12月期GDP:前年同期比+5.2%~底堅いが、「本格的」な内需活性化には至らず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マレーシア10-12月期GDP:前年同期比+5.2%~底堅いが、「本格的」な内需活性化には至らずのレポート Topへ