2012年02月01日

ねんきん定期便の電子・葉書化の背景と課題

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

「ねんきん定期便」はこれまで封書だったが、事業仕分けの指摘もあり、2012年度から原則として電子メールもしくは葉書での送付となる予定である。葉書版では情報が簡素化される見込みであり、「ねんきんネット」の利用促進と充実、代替手段の確保、年金以外の電子政府化の促進が今後の課題である。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【ねんきん定期便の電子・葉書化の背景と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ねんきん定期便の電子・葉書化の背景と課題のレポート Topへ