2012年01月31日

国内景気の足踏みでオフィスセクターの回復進まず―不動産クォータリー・レビュー2011年第4四半期

  松村 徹

文字サイズ

  • 国内景気は、東日本大震災後の最悪期を脱し正常化に向かっていたが、2011年第4四半期は欧州財政危機の緊迫化や新興国経済の減速、タイの洪水被害など海外要因から足踏み状態となり、大企業製造業の景況感も大きく悪化した。
  • 不動産セクターでは、企業の景況感悪化の影響から東京のオフィス需要がやや後退し、前期上昇に転じた東京都心3区の大規模オフィス賃料は再び低下した。これに対して、賃貸マンション賃料は底打ち、ホテルと物流施設の稼働率は上昇するなど回復傾向を強めた。
  • 東京圏(一都三県)では、震災と原発事故により企業や消費者のリスク意識が高まっており、不動産の立地条件や構造・設備などによる選別の強まりで、地価や不動産市場の二極化がより鮮明になりつつある。
  • 東証REIT指数は、グローバルな金融システム不安などから前期比▲10.1%下落した。しかし、不動産の期待利回りは横ばいで推移し、ファンドの資金調達環境は改善している。既存ファンドの物件売却が増加する中、新たな私募ファンド組成も目立つようになった。



    39673_ext_15_1.jpg

    松村 徹

    研究・専門分野

    (2012年01月31日「不動産投資レポート」)

    レポート

    アクセスランキング

    【国内景気の足踏みでオフィスセクターの回復進まず―不動産クォータリー・レビュー2011年第4四半期】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

    国内景気の足踏みでオフィスセクターの回復進まず―不動産クォータリー・レビュー2011年第4四半期のレポート Topへ