2011年12月26日

発達障害について考える-共に生きる社会の構築

  米澤 慶一

文字サイズ

近頃、発達障害者の数が増えている。日本人の10人に1人が何らかの発達障害を有するという報告もある。重度から軽度まで様々なバリエーションを呈する発達障害とは何か、その原因を探り、本人と社会がいかにその「個性」と付き合い、より効率的な社会的活用を図りつつ豊かな共生社会を実現していくための今後の道筋について、本稿では検討する。

このレポートの関連カテゴリ

米澤 慶一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【発達障害について考える-共に生きる社会の構築】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

発達障害について考える-共に生きる社会の構築のレポート Topへ