2011年12月14日

米12月FOMC~前回に続き、現行緩和策を維持

  土肥原 晋

文字サイズ

■見出し

・経済指標改善の動きもあり様子見の展開~下振れリスクを指摘、追加緩和の余地は残す:FOMCの概要
・FOMC声明文の概要

■introduction

13日開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、景気認識がやや上方修正されたものの、金融政策では現行維持を表明した。現在の景気について「世界経済の鈍化にもかかわらず緩やかに回復している」とし、前回、弱さが続くとした雇用では、市場全体としては改善が見られるとしながらも、低下を見せた11月失業率は依然「高止まりしている」とした。経済見通しでは、足元の指標の改善もあり、文言変更も注目されたが、“世界金融市場の緊張によりかなり大幅なダウンサイドリスク”を抱えるとした文言を維持し、景気下振れ時の追加緩和策の余地を残した。
政策面では、前回同様、9月FOMCでのツイストオペレーションの実施(2012年6月末までに4000億ドルの残存期間6年超の長期国債を買い入れると同時に、同額の残存期間3年以内の国債を売却する)や、MBS(住宅ローン担保証券)償還金等のMBSへの再投資を維持するとした。
8月FOMCでの2013年半ばまでの異例の低金利(0%‐0.25%)据え置きについても再表明した。なお、FRBの各理事から言及され、市場の注目を集めたMBS等の債券購入等による量的緩和策(QE3=quantitative easing)には言及なく、詳細は議事録待ちとなる。全体的には、ほぼ予想通りの展開と言えよう。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米12月FOMC~前回に続き、現行緩和策を維持】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米12月FOMC~前回に続き、現行緩和策を維持のレポート Topへ