2011年12月09日

欧州経済見通し~調和のとれた危機対策の実行が深刻な景気後退回避の条件~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. ユーロ圏では財政と金融の相互作用に歯止めを掛けることができないまま時間が経過、景気への悪影響が拡大する9月予測のリスク・シナリオに近い展開となった。
  2. 今回の予測では「ユーロ圏レベルでの対応」、「ECBの政策」、「各国の努力」という3つの歯車が調和を欠けば、ユーロ圏の金融の混乱が深刻化、深い景気後退に陥るリスクが増大していることが、政策当局間の連携と協調を促すことで危機対応の体制が強化されると想定した。それでも2012年前半にかけて景気は後退し、2012年の成長率は0.1%のマイナスとなるだろう。
  3. イギリス経済は、世界を巻き込む金融市場の混乱やユーロ圏の深刻な景気後退が回避されれば、景気後退を免れるが、ユーロ圏の危機対応の「失敗」で想定される影響はユーロ圏外の主要国で最も大きい。ユーロ参加を見送ったことで救済負担は生じない半面で、ユーロ圏首脳の意思決定に影響力を行使できないジレンマに直面している。



39591_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~調和のとれた危機対策の実行が深刻な景気後退回避の条件~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~調和のとれた危機対策の実行が深刻な景気後退回避の条件~のレポート Topへ