2011年12月09日

11月マネー統計~銀行貸出は2ヵ月連続で前年比プラスに

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 前年比0.2%増
・マネタリーベース: 残高は過去2番目の高水準に
・マネーストック: リスク回避色が強まる

■introduction

日銀が発表した11月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は0.2%と、23ヶ月ぶりに前年を上回った前月(0.1%増)に続いてプラスを維持した。
内訳では、地銀の前年比1.9%増(前月は1.8%増)に対し、都銀等では同▲1.3%減(前月は▲1.6%減)と依然としてマイナスが続いているものの、改善してきている。貸出先別(10月まで)で見た場合では、社債発行が困難となっている電力会社向け貸出増加などから大企業向けが8月に前年比プラス化、以降もプラス幅を拡大している。
ただし、前年比のプラスは比較対照である前年の貸出残高減少による影響も大きい。貸出残高の月次トレンドを見ると、足元で力強い回復が見られるわけではない。欧州債務危機や新興国経済の減速など、先行きの強い不透明感から企業の設備投資マインドが抑制されている面もあると考えられる(図表1~4)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【11月マネー統計~銀行貸出は2ヵ月連続で前年比プラスに】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

11月マネー統計~銀行貸出は2ヵ月連続で前年比プラスにのレポート Topへ