2011年11月25日

米国保険業の連邦規制に関する論議の動向-金融・保険業のグローバル化・自由化がいっそう進展した2000年以降の動向を中心として

  小松原 章

文字サイズ

米国の保険会社は州の規制に服している。競争力強化のため2000年以降保険業界等により連邦規制導入(連邦免許保険会社の創設)を求める意見が高まったが、2008年の金融危機後の大規模制度改革(ドッド・フランク法)においても保険業の州規制が維持された。しかしこの改革において保険に対する一般的監督権限はないものの、連邦政府に初めて保険専管の連邦保険局が設置された。連邦保険局には国際渉外機能や保険業監視機能が組み込まれており、その活動を通じて州規制効率化への役割が期待されている。

このレポートの関連カテゴリ

小松原 章

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国保険業の連邦規制に関する論議の動向-金融・保険業のグローバル化・自由化がいっそう進展した2000年以降の動向を中心として】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国保険業の連邦規制に関する論議の動向-金融・保険業のグローバル化・自由化がいっそう進展した2000年以降の動向を中心としてのレポート Topへ