2011年11月25日

中期経済見通し~世界経済の動揺に求められる国際的政策協調

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー   櫨(はじ) 浩一

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

リーマン・ショックの影響を脱するかに見えた世界経済は欧州の財政危機などから再び動揺している。世界経済が危機を回避するためには、国際的な政策協調が必要である。東日本大震災によって発生したエネルギー供給の制約により、日本経済は産業構造の転換を迫られるなど数年単位で調整を余儀なくされるだろう。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事 エグゼクティブ・フェロー

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【中期経済見通し~世界経済の動揺に求められる国際的政策協調】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中期経済見通し~世界経済の動揺に求められる国際的政策協調のレポート Topへ