2011年11月18日

注目集める米クリスマス商戦~個人消費の回復先行の半面、所得回復の遅れに懸念

  土肥原 晋

文字サイズ

  • 欧州の債務危機は米国の金融市場を警戒させているものの、米国では11/25の感謝祭後にブラックフライデーを迎え、クリスマス商戦が本格化する。今年の売上げ予想の伸び率は昨年を下回り、過去10年の平均的な伸びを予測する見方が多い。
  • 米国GDPの7割を占める個人消費は、7-9月期に前期比年率2.4%と回復したが、半面、可処分所得がマイナスに落ち込むなど、回復の持続には所得面の不安を残す。
  • こうした所得の停滞には、雇用回復の遅れが大きく、雇用増の加速が待たれる。そのほか、個人消費には、住宅価格下落によるバランスシート調整、原油価格上昇等、抑制要因が多く、消費者マインドの回復は鈍い。
  • オバマ政権の推進する景気対策は成立が不透明であり、年内で期限の到来する減税策もあって、景気の先行きには不安を残す。足元ではクリスマスセールの動向が注目されるが、その後の動向は、雇用の回復状況に左右されることとなりそうだ。



消費主導で回復した7-9月期GDP成長率

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【注目集める米クリスマス商戦~個人消費の回復先行の半面、所得回復の遅れに懸念】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

注目集める米クリスマス商戦~個人消費の回復先行の半面、所得回復の遅れに懸念のレポート Topへ