2011年11月15日

2011~2013年度経済見通し~復興需要と海外経済減速の綱引きが続く

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<実質成長率:2011年度0.2%、2012年度2.0%、2013年度1.4%を予想>
  1. 2011年7-9月期の実質GDPは、東日本大震災後の供給制約の緩和を主因として前期比1.5%(年率6.0%)の高成長となった。しかし、震災による落ち込みからの急回復局面はすでに終了しており、足もとの景気は大きく減速している。
  2. 10-12月期は、円高や海外経済減速の影響から輸出の伸びが大きく低下することに加え、薄型テレビの反動減、節電関連特需の剥落から民間消費が減少に転じることから、ほぼゼロ成長にとどまる可能性が高い。
  3. 2012年に入ってからも輸出の伸び悩みは続くが、第3次補正予算の執行に伴い復興需要が本格化することにより成長率は再び高まるだろう。実質GDP成長率は2011年度が0.2%、2012年度が2.0%、2013年度が1.4%と予想する。
  4. 欧州経済の悪化が鮮明となる一方、米国や新興国経済は一定の底堅さを維持している。しかし、国際金融資本市場は夏場以降不安定化しており、世界経済は下振れリスクの高い状態が続いている。復興需要による押し上げ要因と海外経済減速による下押し要因が綱引きする展開が続くだろう。



実質GDP成長率の推移
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【2011~2013年度経済見通し~復興需要と海外経済減速の綱引きが続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2011~2013年度経済見通し~復興需要と海外経済減速の綱引きが続くのレポート Topへ