2011年11月04日

11月ECB政策理事会:景気減速、ギリシャ不安の拡大に対応、25bpの利下げを実施

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・12月の見通し改定を待たずに25bpの利下げを実施。早期の追加利下げの可能性も濃厚
・国債買い入れは現状では正当化される。先行きについては明言せず

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は3日に開催した11月の政策理事会で25bpの政策金利の引き下げを決めた。今夏からの財政危機の拡大、金融システムの緊張が実体経済に及ぼす影響が明確になってきたことに加えて、先月26日のユーロ圏首脳会議での包括策の合意にも関わらず、ギリシャの国民投票の実施を巡り情勢の不透明感が増したことに対応、12月のスタッフ経済見通しの公表を待たずに全員一致で利下げを決めた。
国債買い入れの継続については金融政策の波及経路が妨げられている状況では正当化されると述べるに留め、先行きについての言及は避けた。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【11月ECB政策理事会:景気減速、ギリシャ不安の拡大に対応、25bpの利下げを実施】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

11月ECB政策理事会:景気減速、ギリシャ不安の拡大に対応、25bpの利下げを実施のレポート Topへ