2011年11月01日

四半期キャッシュフロー計算書の省略が株価に与える影響を考える

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

運用リスク管理 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

四半期報告制度の簡素化に伴い、四半期キャッシュフロー計算書の省略等が認められた。更なる簡素化を求める声もあるが、仮に簡素化によってディスクロージャーが後退すれば、リスクプレミアムの上昇を通じて株価を押し下げる要因になりかねない。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【四半期キャッシュフロー計算書の省略が株価に与える影響を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

四半期キャッシュフロー計算書の省略が株価に与える影響を考えるのレポート Topへ