2011年10月26日

インドの金融政策(11年10月)~インフレ率が高止まるなか、13回目の利上げへ

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・利上げの状況
・インフレの状況と中央銀行の姿勢

■introduction

インド準備銀行(RBI、インドの中央銀行)は10月25日に開催された金融政策決定会合で、政策金利であるレポ金利を0.25%引き上げ、8.50%とすることを発表した 。これは2010年3月以降で13回目の利上げとなる。
インドでは、9月の卸売物価指数(WPI)が前年同月比で9.72%と高止まりしていたものの、欧州の債務問題などにより世界経済の成長が鈍化していることから、市場では金利据え置きと金利引き上げのどちらの見方もあった。
このような状況下で、中央銀行は利上げを決定し、今までのインフレ抑制姿勢を貫いた。
ただし、中央銀行は今回の声明文では次回の金利据え置きも示唆している。具体的には、中央銀行は12月以降にはインフレが沈静化すると考えており、現在のインフレ率が11月まで継続したとしても、短期的には経済成長に配慮して次回の会合(12月16日予定)で金利を引き上げる可能性は比較的低いとした。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インドの金融政策(11年10月)~インフレ率が高止まるなか、13回目の利上げへ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インドの金融政策(11年10月)~インフレ率が高止まるなか、13回目の利上げへのレポート Topへ