2011年10月20日

中国の最新景気指標:成長率は緩減速だが、輸出受注は急減速

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

■見出し

・成長率は前年同期比9.1%増に鈍化
・改善を示す指標もあるが、輸出受注の鈍化が懸念材料

■introduction

10月18日に中国国家統計局が発表した1-9月期の国内総生産(GDP)は32兆692億元で、前年同期と比べて実質9.4%増となった。産業別にみると、第一次産業が3兆340億元で同3.8%増、第二次産業が15兆4795億元で同10.8%増、第三次産業が13兆5557億元で同9.0%増と、各産業とも昨年通期の伸び率を下回った。また、需要項目別の寄与度をみると、最終消費が4.5ポイント、総資本形成が5.0ポイント、純輸出がマイナス0.1ポイントで、総資本形成と純輸出の寄与度低下が、昨年より成長率が鈍化した要因となっている(図表-2)。
また、7-9月期の実質GDP成長率は前年同期比9.1%増と、高水準ながらも3四半期連続で伸びが鈍化、昨年1-3月期の同11.9%増をピークとした減速傾向が続いている。また、前期比では2.3%増と4-6月期の2.4%増を0.1ポイント下回っている。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国の最新景気指標:成長率は緩減速だが、輸出受注は急減速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国の最新景気指標:成長率は緩減速だが、輸出受注は急減速のレポート Topへ