2011年10月19日

防災・省エネ性で市場は二極化へ、投資セクター選好に変化も-第8回不動産市況アンケート結果

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

■見出し

1.アンケートの概要
2.アンケートの結果

■introduction

ニッセイ基礎研究所では、2011年10月3日から14日にかけて、不動産分野の実務家・専門家に対して、震災直後の緊急アンケート に引き続く形で、第8回目の不動産投資市況に関するアンケートを行った。
これは、不動産・建設、金融・保険、仲介、不動産管理、不動産ファンド運用、格付、投資顧問・コンサルタントなどの業務に携わる198名を対象に電子メールにて実施したもので、102名から回答を得た(回収率52%)。

このレポートの関連カテゴリ

77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【防災・省エネ性で市場は二極化へ、投資セクター選好に変化も-第8回不動産市況アンケート結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

防災・省エネ性で市場は二極化へ、投資セクター選好に変化も-第8回不動産市況アンケート結果のレポート Topへ