2011年10月13日

インドネシアの金融政策(11年10月)~景気が底堅い中でのサプライズとなる利下げ

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・金融政策の状況
・金融政策の影響

■introduction

インドネシア銀行(中央銀行)は10月11日に金融政策決定会合を開催し、政策金利であるBIレートを0.25%引き下げて6.50%にすることを決定した 。世界金融危機時の2009年8月に利下げを行なって以降、2年2カ月ぶりの利下げとなった 。
インドネシアの短期金融市場では、近年、市場金利が政策金利(誘導目標)を下回る状態が続いていた。その意味では、今回の利下げは政策金利を市場金利に合わせた形となっている。
ただし、実体経済の状況を見ると堅調に推移しており、景気鈍化の兆候も無かったため、事前予想では政策金利の据置きが大勢を占めていた。むしろ、将来的には流動性を吸収していくとの観測もあった中での利下げ決定であり、サプライズだったといえる。また、新興国の中でも他国に先んじて利下げを実施したことになる。
中央銀行は2011年から12年までのインフレ率は、利下げを実行しても5%以下に留まるとの見通しを示し、今回の決定は世界的な成長鈍化と金融市場の機能低下からの影響を和らげるために行ったとした。また、欧州と米国がそれぞれ抱える債務問題を背景にした投資家のリスク回避的な行動から、短期的に国債や株式などから資金が引き揚げられ、市場が混乱することに対して警戒していくと述べた。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インドネシアの金融政策(11年10月)~景気が底堅い中でのサプライズとなる利下げ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インドネシアの金融政策(11年10月)~景気が底堅い中でのサプライズとなる利下げのレポート Topへ