2011年10月03日

個人投資家の資産配分~学術研究の現状と今後の展開

北海道大学 大学院経済学研究科   鈴木 輝好

文字サイズ

個人投資家の長期的資産配分(アセットアロケーション)問題の研究について、その歴史と現状を述べる。また余命の不確実性に関する応用研究について紹介する。

北海道大学 大学院経済学研究科

鈴木 輝好

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【個人投資家の資産配分~学術研究の現状と今後の展開】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

個人投資家の資産配分~学術研究の現状と今後の展開のレポート Topへ