2011年10月03日

退職給付会計上の積立比率の推移と今後の年金運用について

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

リーマンショックによって大きく悪化したものの、その後、退職給付会計上の実質的な積立比率は改善した。しかし将来的なポートフォリオ像を描き、即時認識に耐えられるポートフォリオへの移行を計画的に進めることの重要性は依然として高い。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【退職給付会計上の積立比率の推移と今後の年金運用について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

退職給付会計上の積立比率の推移と今後の年金運用についてのレポート Topへ