2011年09月09日

9月ECB政策理事会:不確実性と下振れリスクを強調、利上げ停止を示唆

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は据え置き、非標準的手段も現状維持
・景気、インフレのリスク・バランスを修正、利上げは停止
・財政問題の金融、実体経済への影響を注視の構え、次の一手の方向性は明言せず

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は8日に9月の政策理事会を開催、政策金利の据え置きを決め、非標準的手段についても現状維持を決めた。
景気については「緩やかな拡大」という見通しを維持したもののリスク判断を「バランス」から「下向き」に、インフレ・リスクの判断は「上向き」から「バランス」に修正、利上げ停止を示唆した。
市場では利下げ観測が広がっているが、トリシェ総裁は複雑な状況を分析する必要性を強調、次の一手の方向性を明言することを避けた。
政策金利については当面現状水準を維持する可能性が最も高いと思われる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【9月ECB政策理事会:不確実性と下振れリスクを強調、利上げ停止を示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

9月ECB政策理事会:不確実性と下振れリスクを強調、利上げ停止を示唆のレポート Topへ