2011年09月05日

米8月雇用者増はゼロ~景気失速懸念を強める

  土肥原 晋

文字サイズ

■見出し

・民間雇用者が1.7万人増と前月から急減少
・失業率は9.1%と5ヵ月連続の9%台

■introduction

米国では、8月にかけての株価急落後、消費者マインドやISM指数等、景気に先行する指標が低下、実体経済への波及が懸念されていた。そうした中で、8月雇用統計は前月比の増加がゼロとなり、昨年10月以来続いた増加を止めた。ストの影響等もあったが、最近3ヵ月平均の雇用増は3.5 万人に留まるなど、景気失速懸念を強めている。オバマ大統領は9/8に景気・雇用対策を発表予定であり、また、下旬に予定されるFOMCでは、会期を一日延長して追加金融緩和策を検討することを決めるなど、今後の政策面の対応が注目される。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米8月雇用者増はゼロ~景気失速懸念を強める】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米8月雇用者増はゼロ~景気失速懸念を強めるのレポート Topへ