2011年09月01日

インド4-6月期GDP:前年同期比+7.7%~内需は強く、インフレは止まらず

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:利上げで成長がやや鈍化
・先行き:内需が強く、さらなる利上げが必要

■introduction

8月30日にインド中央統計機構(CSO)は2011年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質のGDP成長率(供給側)は前年同期比7.7%の増加で、前期に引き続き8.0%を割る水準で推移することとなった。
供給側を見ると、GDPで最大のシェアを占める小売・ホテル・運輸・通信の産業が前年同期比+12.8%と前期に引き続き好調だった。また、金融・保険・不動産・事業サービスも前年同期比+9.1%と堅調に成長した。一方で、製造業は前年同期比+7.2%となり、底固く推移したものの成長を牽引するほどではなかった。
支出側を見ると、投資が前年同期比+7.9%と盛り返している。ただし、金融危機前の水準と比較すると伸び率は穏やかといえる。個人消費も前年同期比+6.3%と穏やかな成長だった。
インドではインフレ率の高止まりが続いており、中央銀行がその対策として2010年3月以降11回、合計3.25%政策金利を引き上げているため、その弊害として成長がやや鈍化しているものと考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インド4-6月期GDP:前年同期比+7.7%~内需は強く、インフレは止まらず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド4-6月期GDP:前年同期比+7.7%~内需は強く、インフレは止まらずのレポート Topへ