2011年08月24日

若年性認知症ケアの現状と課題

  山梨 恵子

文字サイズ

認知症高齢者対策に取り組む中で新たに見出された課題は、若年性認知症者への対応である。
若年性における困難は、高齢期に起こるそれとは異質のものであり、年齢が若いがゆえに生じる生活上の困りごとや、精神的な葛藤は相当に深刻なものとなる。また、高齢者以上に自分自身の置かれている立場が深刻になりやすく、介護の概念を超えたトータルサポートが必須である。

山梨 恵子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【若年性認知症ケアの現状と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若年性認知症ケアの現状と課題のレポート Topへ