2011年08月24日

2010年度生保決算の概要

  荻原 邦男

文字サイズ

2010年度は、銀行窓口を経由した一時払商品が増加したこともあり、新契約高の減少傾向に下げ止まりの兆候が見られた。ただし、保有契約は引き続き減少している。
逆ざやの減少が見られたものの、東日本大震災の影響や費差益の減少により基礎利益は減少した。ソルベンシー規制の改定を背景として、リスク性資産を圧縮して国債に振り換える動きが進んでいる。定点観測として、2010年度の生保決算を俯瞰したい。

荻原 邦男

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【2010年度生保決算の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2010年度生保決算の概要のレポート Topへ