2011年08月18日

マレーシア4-6月期GDP:前年同期比+4.0%~成長の原動力弱く、燻ぶる中所得国

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:伸び悩む製造業
・実は、根が深い

■introduction

マレーシア統計庁(DOSM)は8月17日に4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で4.0%の増加となり、1-3月期の前年同期比+4.9%から鈍化した。
マレーシア経済の特徴は高い輸出依存度と、そして、輸出品目が電子・電気機器と燃料を含む一次産品に集中している点にある。輸出先は、ほぼアジアによって占められ、今期は東日本大震災によるサプライチェーン寸断の影響を受けることとなった。これにより、電子・電気機器の輸出は鈍化したが、輸出全体としては一次産品価格が上昇したことで、前年同期比+4.1%と成長を維持している。内需に関しては、個人消費が前年同期比+6.4%と堅調な成長を見せる一方で、投資は前年同期比+3.2%と前期(同+6.5%)から減速した。
供給側を見ると、主力である製造業は、電子機器の輸出が不調だったため、前年同期比+2.1%と伸び悩んだが、サービス業は個人消費が好調だったこともあり、前年同期比+6.3%と成長を維持している。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【マレーシア4-6月期GDP:前年同期比+4.0%~成長の原動力弱く、燻ぶる中所得国】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マレーシア4-6月期GDP:前年同期比+4.0%~成長の原動力弱く、燻ぶる中所得国のレポート Topへ