2011年08月08日

米国債初めての格下げ(8/5)、G7緊急声明(8/8)で市場の混乱回避をねらう

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・米国債格下げ、最上級の地位を失う
・ある程度織り込んでいた+流動性から大きな変化もないかもしれないが、実現した格下げへの動揺は、初めてのことでよくわからない。日本にとっては株安・円高材料
・G7は緊急声明で、協調を演出、市場混乱の封じ込めに躍起
・世界が抱える構造問題の解決にはまだまだ時間がかかる、日本も対岸の火事ではすまされない

■introduction

スタンダード&プアーズ(SP)が5日、米国債を格下げした。長期信用格付けを最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げ、さらに見通しを「ネガティブ」とし、今後さらなる格下げが行われる可能性も指摘した。
オバマ大統領が8月2日に署名した債務上限引き上げ法案は今後10年間で2.1兆円の財政赤字削減計画が織り込まれた。しかし、当初からSPは財政赤字削減には4兆ドル必要との見解を示しており、両者にはギャップが存在していた。SPが米国債を格下げするのは1941年の現行制度開始以来はじめて。米国債の格付けは、英国やドイツ、フランスなどを下回ることになる。なお、ムーディーズは2日、米国債をAaaで維持は発表、フィッチも最上位で据え置くと公表していた。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【米国債初めての格下げ(8/5)、G7緊急声明(8/8)で市場の混乱回避をねらう】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国債初めての格下げ(8/5)、G7緊急声明(8/8)で市場の混乱回避をねらうのレポート Topへ