2011年08月03日

台湾4-6月期GDP:前年比+4.88%~中国依存が強まり、台湾・中国関係が重要に

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・現状:外需主導
・先行き:中国との関係が重要

■introduction

台湾の行政院主計処(DGBAS)は7月29日、4-6月期の実質域内総生産(GDP)を公表した。成長率は前年同期比(原系列)で4.88%の増加となり、5月時点で同機関が予測した4.64%を若干上回った。なお、4.88%のうち、外需(純輸出)による寄与は3.32%ポイント、内需による寄与は1.55%ポイントとなった。こうした、外需が成長率に大きく寄与する構造は、金融危機前と同じである。今期は、台湾元の上昇による輸出競争力の低下などが外需に影響し、成長速度を1-3月期(前年同期比+6.55%)から落としている。
内需については、個人消費が比較的穏やかではあるものの、着実に成長している。この背景には外需の恩恵を受けやすい製造業を中心に、雇用が順調に回復していることが挙げられる。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【台湾4-6月期GDP:前年比+4.88%~中国依存が強まり、台湾・中国関係が重要に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

台湾4-6月期GDP:前年比+4.88%~中国依存が強まり、台湾・中国関係が重要にのレポート Topへ