2011年08月01日

リバランス方法に見直しの余地はあるか?

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

政策アセットミックスを意識した一般的なリバランス方法は、常に有効に機能するとは限らない。リバランスによる結果とその意味を認識した上で、運用目標や戦略と整合的なリバランス方法とはどのようなものか、市場特性を踏まえて再検討することは無駄ではない。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【リバランス方法に見直しの余地はあるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リバランス方法に見直しの余地はあるか?のレポート Topへ